カードローンでも借りたものは返す

カードローンがあれば、ATMからいつでも簡単に借入れができます。今は24時間空いているATMも多く、本当に時間も気にせずにサッと現金を引き出せるようになりました。生活費に困って、急きょお金が必要になって、欲しいものがあって、理由はそれぞれですが、カードローンを利用している人、利用してみたいと思っている人はたくさんいます。

 

しかし、いくら便利そうでも不安なのが返済です。借入れが多すぎて返済もできなくなり、ローン地獄に陥らないのか、これは誰でも考えるもっともな疑問です。カードローンの便利な面だけに目を向けず、返済について事前に調べておくべきです。

 

 

返済と利息の関係

借りたお金は返済しなければいけませんが、借りたお金と返済するお金は同額ではありません。金利に応じた利息を払わなければいけません。多くのカードローンでは毎月返済を行います。一部35日毎の返済や随時返済を除けば、返済期日までに毎月支払いがあります。

 

例えば1万円返済したとして、借入残高が1万円減るわけではありません。まずはかかった利息分の支払いに充てられ、残った分が借入残高に充てられます。

 

返済が増える理由

毎月の返済額については、契約するカードローンによって金額も設定方法も変わります。借入残高に応じて返済額が変動するカードローンが一般的です。毎月返済を行っていれば借入残高は減っていきますが、借入れを繰り返せば借入残高は逆に増えていってしまいます。

 

返済が増える理由として、借入れを頻繁に繰り返して、借入残高が増えるケースがあります。たくさん借りると返済の金額も大きくなってしまうので、注意が必要です。

 

また、複数のカードローンを契約すると、合計の返済額が大きくなってしまいます。カードローンには限度額が設定されていて、限度額を超える借入れができません。そのため、他社のカードローンを契約して借入れを増やす人がいますが、返済の負担も大きくなってしまいます。

 

そのような借り方は返済負担を増やしてしまうだけなので、他社のカードローンを利用するとしてもおまとめや借り換えといった使い方に留めておくべきでしょう。

 

銀行の低金利カードローンを利用する銀行おまとめローンの借り入れであれば、今後の返済負担を軽くできる可能性が大いにあるのです。

 

安全に利用するために

カードローンを安全に利用するためには、返済のリスクについても考える必要があります。借入が増えれば返済の負担も増えてしまうので、借りすぎないという心構えが大切です。

 

また、複数社でカードローンの契約を結んでしまうと、返済額が増えるだけでなく、返済の手間が複数になったり、現在の借入れ状況の把握がしにくくなったりといったデメリットもあります。限度額がいっぱいだとしても、安易に複数社のカードを持たない方がよいでしょう。

 

限度額の増額を狙っていく

一社でカードローンの返済をしっかりと進めていると、限度額が増額される場合があります。今よりも大きな金額で借りられるのはもちろんですが、限度額が大きくなることによって金利が下がる可能性もあります。

 

低金利で借りられれば今よりも大きな金額を借りたとしても返済負担は抑えられますので、何社も借りてしまうのではなく一社での限度額の増額を狙った方が良いでしょう。

 

そのためには元々の限度額が大きな借り入れ先でなるべくなら低負担で余裕のある返済を進め、信用を落とさないような借り方でカードローンの利用を行う必要があります。銀行であれば低金利でまさに条件どおりとなりますが、銀行は審査基準が厳しいため、大手の消費者金融で考えてみるのも良いです。

 

消費者金融も大手であれば最大で500万円程度の限度額設定となっていますので、大きな金額を借りたいと考える方にも適しています。

 

また、消費者金融は申し込みから契約までの手続きが早いことでも有名ですので、急ぎで借りたい方も大手消費者金融のプロミスのすぐ借りる融資を利用すると良いのです。